ページ

2018年1月30日火曜日

風邪予防

いつもお世話になっております。
湘南台校の光源寺です。

気が付けば1月も終わります。
3年生は高校入試、1・2年生は学年末テストが近付いております。
最近学校などでも流行っているようで、インフルエンザで学級閉鎖や学年閉鎖になっていると良く耳にします。



今、インフルエンザが大流行!!

日本中で猛威を振るっています!!




そこで本日は受験生もいるため、
「子供の風邪予防」についてお話をしようと思います。



子供の風邪予防に気を付けて欲しい4点をお伝えしております。


【子供の風邪予防1】
「積極的にビタミンCを摂る」






ビタミンCをしっかりと摂取することは、風邪予防に効果的
みかん、レモン、グレープフルーツなどの果物や、小松菜、ブロッコリー、ほうれん草などの野菜、ビタミンCを多く含む食材を食事に取り入れるよう心がけましょう。



【子供の風邪予防2
「体を冷やさない」


体温が低いと血行が悪くなり、免疫力が低下などにも繋がってしまいます。
生活習慣を整え、体温を上げる工夫をしましょう。
・朝ご飯をしっかり食べる
・体温調節機能を育てるために、暖房器具に頼り過ぎない
・早寝早起き
・適度な運動
三食きちんと食べることはもちろんですが、低体温を防ぐためには、特に朝ごはんが大切です。


【子供の風邪予防3
「家族みんなで手洗いうがい」


風邪やインフルエンザなど、様々なウイルスや細菌に有効な「手洗い・うがい」。家族が外から帰ったら、真っ先に手洗い・うがいをするようにしましょう。
また、日頃から頻繁に手で触れるスマートフォンやリモコンは、実は雑菌だらけです。きちんと手を洗っていたとしても、これらに触れてから食事をしては意味がありません。



【子供の風邪予防4
「空気の乾燥を防ぐ」


冬は特に空気が乾燥しやすい季節です。乾燥した喉には、ウイルスや細菌が侵入しやすくなります。喉を乾燥させないためにも、こまめに水分をとらせてあげましょう。また、部屋の湿度は高めにしておくとウイルスの動きが鈍るので、濡らしたタオルを干したり、加湿器を使って湿度を調節しましょう。





栄養バランスのとれた食事、しっかりと体を動かしてゆっくり休むなど、体調管理の基本を見直し、毎日の習慣に意識してみてください。




寒い冬を元気に乗り切りましょう!





0 件のコメント:

コメントを投稿